今月の話題 PICK UP SHOEI

2019年3月25日更新

特集 JA晴れの国岡山 誕生へ

写真

JA勝英は2月6日、勝央支店2階大会議室で2020年4月の8JA合併に向けた臨時総代会を開催しました。

総代定数564人に対し、出席者合計は548人(本人出席372人、書面出席171人、委任出席5人)。

議長に、勝央地区の古村泰壽氏と作東地区の山本寿氏が選任されました。

第1号議案と第2号議案については、特別決議事項であり、執行部による説明を行い、慎重に審議した結果、両議案とも2/3以上の賛成により承認されました(注1)。これにより、晴れの国岡山農業協同組合の発足が正式に決定しました。

注1 岡山県下8JAが同日に総会・総代会を開催し、いずれも承認されました。

第1号議案
 合併及び合併予備契約書の承認について

第2号議案
  合併事業計画書の承認について

合併の目的

人口の減少、少子高齢化の進行、農業就業人口の減少、これに伴うJA組織基盤の弱体化、また信用・共済事業の分離、准組合員利用規制等の規制改革推進会議からの提言など、JAをはじめとした組合員・農業・地域は、大きな危機に直面しています。

このような状況に対し、県内で農業生産に取り組む組合員がよりよいサービスを受け、希望をもって農業が続けられる環境を維持していくことを責務に、JAはこれからも農業所得の向上と地域社会への貢献に取り組んでいかなければなりません。

岡山県の特色を活かし、それぞれの地域に合った農畜産物の生産とその生産量確保による有利販売、加工品の開発等での他業態との連携、そして合併JAの人材や資金、施設、情報の経営資源を集中し、人的資源を適切に再配置することで、組合員のニーズに対応する等その果たすべき役割を実行し、豊かで暮らしやすい地域社会の創造を目的に合併します。

図版

合併の方法

岡山東農業協同組合、岡山西農業協同組合、倉敷かさや農業協同組合、びほく農業協同組合、阿新農業協同組合、真庭農業協同組合、津山農業協同組合、勝英農業協同組合による定款変更方式合併とします。

合併期日

2020年4月1日。

名称

晴れの国岡山農業協同組合(愛称はJA晴れの国岡山)

事務所

本店機能を岡山県農業会館とJA岡山西本店に設置します。なお、現8JAの本所・本店を統括本部として設置します。

地区

岡山県の全区域とします。

事業

8JAで行っている全ての事業を承継します。

事業年度

毎年4月1日から翌年3月31日までとします。

正組合員資格

  1. 3アール以上の土地を耕作する農業を営む個人であって、その住所またはその経営にかかる土地または施設がこの組合の地区内にあるものとします。
  2. 1年のうち60日以上農業に従事する個人であって、その住所またはその従事する農業にかかる土地または施設がこの組合の地区内にあるものとします。
  3. 農業を営む法人(その常時使用する従業員の数が300人を超え、かつ、その資本の額または出資の総額が3億円を超える法人を除く。)であって、その事務所またはその経営にかかる土地がこの組合の地区内にあるものとします。

出資1口金額、最低・最高持口数

出資は、出資1口金額を1,000円とし、最低持口数を1口、最高持口数を5,000口とします。

総代会の設置

総会に代わる総代会を設置し、総代の定数は1,000名、任期は3年とします。

役員

  1. 理事の定数は65名とし、本店のほか8つの統括本部に常務理事を配置します。
  2. 3名の女性理事枠を設け、女性部組織から推薦をいただきます。
  3. 監事の定数は10名とし、8つのブロックからそれぞれ1名、また県全域から員外監事2名を選出します。
  4. 選出方法は選任制を採用し、任期は3年とします。

JA晴れの国岡山がめざすもの

新JAは、組合員・利用者・地域の皆様とのつながりを第一に、よりよいサービスを提供し続けるJAとして、その社会的責任を果たします。そのため、合併する8JAそれぞれがもつ強みを『協同の力』として結集し、持続可能な地域農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現、そして強固で盤石な経営基盤を構築し、信頼され、地域に愛されるJAをめざします。

ここが知りたい!Q&A

Q:JA岡山は合併しないのですか?

A:JA岡山は、合併に向けて協議を進めていく中で、時期尚早と判断され、今回の合併は見送ることとなりました。しかし、あくまで1県1JAが最終目標であり、今後も合併を呼びかけていく必要があります。

Q:定款変更方式合併とはどういうことですか?

A:合併対象組合(8JA)のうち、ひとつの組合の定款について、名称や地区、事業、事務所の設置場所等を変更することによって合併する手続きのことです。あくまで、存続するJAと解散するJAとによる対等の合併です。

Q:出資金はJA晴れの国岡山でどういう扱いになりますか?

A:JA勝英での1,000円はそのまま1,000円でJA晴れの国岡山に持ち込みます。

Q:勝英地域の特産物は今後どうなりますか?

A:今のブランドや価値を生かしつつ、ロットを拡大し、有利販売につなげていきたいと考えます。


このページに関するお問い合わせは...

企画総務部 企画課

〒707-0003
岡山県美作市明見172-2 2階

0868-72-1341

先頭へ戻る