JA勝英からのお知らせ

JA勝英組合員の皆様へ

(2019年05月27日更新)
時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素より、組合員の皆様におかれましては、組合事業に対しご理解ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

さて、今日の農業を取り巻く環境は厳しく、人口減少が全国的にも大きな課題とされている中、我々JA組織の構成員である組合員の方も高齢化が進み、就農者が減少するとともに、管内の耕作放棄地も増加している状況にあります。

また、JAの運営は、政府主導による規制改革会議からのJA事業への締め付け、さらにはマイナス金利政策の導入の影響により収益構造の大幅な変化が予想されるなど、JAの今後にとって安心できない状況にあります。

このような中、JAの基盤強化を図るためには、現在の常態的赤字部門の整理は喫緊の課題となっており、事業改革は必要不可欠なものとして取り組まなければなりません。

その取り組みの一つが、常態的赤字となっている営業所・給油所・生活店舗・農機センターの事業見直しです。農林水産省からも、本県の一部JAでは経済事業の赤字縮減が進んでおらず、早急に赤字を解消すべしとの強い指導がされています。

これらのことを受け、今後JAの人・物・資源をさらに有効に活用し厳しい状況に対応するため、長年組合員の皆様にご利用いただきましたJA勝英の東粟倉営業所を閉鎖し、西粟倉村内「営業所・給油所・北部農機センター」の建物・土地を西粟倉村へ売却することとなりました。

閉鎖後は組合員の皆様に対し、最善を尽くし対応を図ってまいりたいと思いますので、何卒、組合員皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • 東粟倉営業所・西粟倉営業所 令和元年5月末で閉鎖。
  • 肥料、農薬、生産資材等の購入・注文は英北支店経済課で対応いたします。
  • 営業所で受付をしていた回覧等は、当面、東粟倉給油所・西粟倉給油所にボックスを設置し対応いたします。
  • 東粟倉給油所・西粟倉給油所・北部農機センター・ATM(キャッシュコーナー)は存続し営業いたします。
*ただし、西粟倉給油所は令和2年4月1日から、西粟倉村により運営予定です。

先頭へ戻る