JA勝英からのお知らせ

BCP(事業継続計画)基本方針

平成25年10月31日
勝英農業協同組合

基本方針

全ての役職員とその家族の人命の安全確認・安全確保、ならびに災害時に当JAに来店されている皆様の人命の安全確認・安全確保を最優先に行動します。

1.社会的責任のある金融機関としてのBCP

(1)被災地等における住民の生活や経済活動の維持
甚大な被害をもたらす危機が発生した場合でも、被災地等における住民の生活や経済活動の維持に資するため、最低限の金融サービスを継続するための業務を直ちに復旧し、また、金融業務全般が早期・正常に継続できる体制を確立します。
(2)経済面での混乱拡大の抑制
被災等による個別金融機関レベルでの決済不能を防止し、ひいては社会全体への決済面での混乱を抑制します。
(3)金融機関経営におけるリスクの軽減
収益機会の喪失、顧客等からの評価の低下を招かぬよう、金融機関経営におけるリスク軽減のための最大限の予防措置を講じます。

2.農業協同組合の組織使命としてのBCP

(1)被災時における地域住民の食料の確保と生命の維持
緊急時において、地域住民の生命を守るために欠かせない基礎的食料の地域供給について、貢献と責任が果たせるよう、行政等との連携により体制の構築に取り組みます。
(2)被災時におけるJA組織を活用した地域貢献
行政の防災計画と連動・連携するなかで、「共助」という協同組合が持つ組織運営の基本的な使命により、常に地域社会とのコミュニケーションを大切にし、地域の一員としてJA組織をあげた地域貢献を行ないます。
なお、復旧と回復に必要な支店・施設のほか、資機材を可能な限り地域住民に開放します。

3.地域住民の生活維持・復旧へ貢献するBCP

(1)被災時における生活物資の供給
地域住民の生活に欠かせない生活物資等については、緊急時の対応手順を定め、可能で最大限の供給体制を構築します。
(2)継続業務の選定
甚大な被害をもたらす災害等が発生した緊急時でも、地域住民の生活維持・復旧および組織の使命として優先して遂行・継続すべき業務を事前に定め、これに応ずる資源の準備や対応を効果的に行ないます。
なお、本基本方針を含めたBCPは、環境の変化に応じて随時見直しを行い、継続的な改善を図ります。
平成25年10月31日
勝英農業協同組合

このページに関するお問い合わせは...

本店 企画総務部総務課

〒707-0003
岡山県美作市明見172-2

0868-72-1341

先頭へ戻る