JA勝英からのお知らせ

ハウス桃収穫はじまる

(2019年05月27日更新)
はなよめを収穫する石川さん
はなよめを収穫する石川さん

岡山県で唯一のハウス桃生産者である石川里江さんは4月24日、勝央町にある温室ハウスで極早生品種の桃『はなよめ』の収穫を始めました。同県内の百貨店などで25日から販売され、露地桃より1か月半早く夏の味覚を味わえます。
石川さんは、3連棟のハウスに『はなよめ』『日川白鳳』『白鳳』『おかやま夢白桃』の4種類の桃を栽培しています。この日は、はなよめを約300玉収穫し、46ケースを出荷しました。出来は上々で、石川さんは「一足早く新鮮でおいしい桃を食べて欲しい」と話しました。
また、同日にJA勝英勝央選果場で温室桃初出荷出発式を行い、石川さんや勝央町、JA関係者ら約30人が出席。獲れたての桃を乗せたトラックを見送り、運行の安全を祈りました。

先頭へ戻る